ガスはまだかなり残っているのに、火がつかないチャッカマン。

暗がりでよく見てみると火花がとんでいません。
ということは、火がとばない原因をさぐればいいわけで。

ネットで検索すると言葉で説明がありました。
なるほど。



CIMG5152.JPG
@根元のプラスチックカバーを指で引き抜く



CIMG5147.JPG
A指で示した赤い部分を細いもので押し下げて、金属の黒い筒を抜く。


CIMG5150.JPG
B飛び出ている針金を指で少しおこす。
おこす前は、金属の筒の内側にあたっておらず、通電していなかった模様。


CIMG5151.JPG
C念のため、先端部分の銅線を紙やすりでペーパーがけ掃除。


D元通りに組み立てて、着火テスト。

無事つきました。